不動産登記法第1条(目的)の解説




条文

不動産登記法 >> 第一章 総則

(目的)
第一条
この法律は、不動産の表示及び不動産に関する権利を公示するための登記に関する制度について定めることにより、国民の権利の保全を図り、もって取引の安全と円滑に資することを目的とする。

解説

趣旨

不動産登記法1条は、不動産登記法の目的を定めた規定です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする