刑法




目次

刑法解説

刑法総論

基礎理論

犯罪論

犯罪の意義・分類

構成要件該当性

違法性

責任

未遂犯

共犯

罪数

刑罰論

条文

第1編 総則

第1章 通則(第1条―第8条)

第2章 刑(第9条―第21条)

第19条(没収)

第3章 期間計算(第22条―第24条)

第4章 刑の執行猶予(第25条―第27条の7)

第5章 仮釈放(第28条―第30条)

第6章 刑の時効及び刑の消滅(第31条―第34条の2)

第7章 犯罪の不成立及び刑の減免(第35条―第42条)

第8章 未遂罪(第43条・第44条)

第9章 併合罪(第45条―第55条)

第10章 累犯(第56条―第59条)

第11章 共犯(第60条―第65条)

第12章 酌量減軽(第66条・第67条)

第13章 加重減軽の方法(第68条―第72条)

第2編 罪

第1章 削除

第2章 内乱に関する罪(第77条―第80条)

第3章 外患に関する罪(第81条―第89条)

第4章 国交に関する罪(第90条―第94条)

第5章 公務の執行を妨害する罪(第95条―第96条の6)

第6章 逃走の罪(第97条―第102条)

第7章 犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪(第103条―第105条の2)

第8章 騒乱の罪(第106条・第107条)

第9章 放火及び失火の罪(第108条―第118条)

第10章 出水及び水利に関する罪(第119条―第123条)

第11章 往来を妨害する罪(第124条―第129条)

第12章 住居を侵す罪(第130条―第132条)

第13章 秘密を侵す罪(第133条―第135条)

第14章 あへん煙に関する罪(第136条―第141条)

第15章 飲料水に関する罪(第142条―第147条)

第16章 通貨偽造の罪(第148条―第153条)

第17章 文書偽造の罪(第154条―第161条の2)

第18章 有価証券偽造の罪(第162条・第163条)

第18章の2 支払用カード電磁的記録に関する罪(第163条の2―第163条の5)

第19章 印章偽造の罪(第164条―第168条)

第19章の2 不正指令電磁的記録に関する罪(第168条の2・第168条の3)

第20章 偽証の罪(第169条―第171条)

第21章 虚偽告訴の罪(第172条・第173条)

第22章 わいせつ、強制性交等及び重婚の罪(第174条―第184条)

第23章 賭と博及び富くじに関する罪(第185条―第187条)

第24章 礼拝所及び墳墓に関する罪(第188条―第192条)

第25章 汚職の罪(第193条―第198条)

第26章 殺人の罪(第199条―第203条)

第199条(殺人)

第200条 削除

第201条(予備)

第202条(自殺関与及び同意殺人)

第203条(未遂罪)

第27章 傷害の罪(第204条―第208条の2)

第204条(傷害)

第205条(傷害致死)

第206条(現場助勢)

第207条(同時傷害の特例)

第208条(暴行)

第208条の2(凶器準備集合及び結集)

第28章 過失傷害の罪(第209条―第211条)

第29章 堕胎の罪(第212条―第216条)

第30章 遺棄の罪(第217条―第219条)

第31章 逮捕及び監禁の罪(第220条・第221条)

第32章 脅迫の罪(第222条・第223条)

第33章 略取、誘拐及び人身売買の罪(第224条―第229条)

第34章 名誉に対する罪(第230条―第232条)

第35章 信用及び業務に対する罪(第233条―第234条の2)

第36章 窃盗及び強盗の罪(第235条―第245条)

第37章 詐欺及び恐喝の罪(第246条―第251条)

第38章 横領の罪(第252条―第255条)

第39章 盗品等に関する罪(第256条・第257条)

第40章 毀棄及び隠匿の罪(第258条―第264条)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする