日本国憲法第13条 〔個人の尊重と公共の福祉〕の解説




条文

日本国憲法 >> 第3章 国民の権利及び義務

〔個人の尊重と公共の福祉〕

第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

解説

参考文献

芦部信喜(2011)『憲法 第五版』岩波書店

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする