会社法第5条(商行為)の解説




条文

会社法 > 第一編 総則 > 第一章 通則

(商行為)
第五条 会社(外国会社を含む。次条第一項、第八条及び第九条において同じ。)がその事業としてする行為及びその事業のためにする行為は、商行為とする。

改正履歴・改正予定

施行日が2015年8月1日以降の条文を掲載いたします。

2015年(平成27年)8月1日時点で施行されている条文

会社法 > 第一編 総則 > 第一章 通則
(商行為)
第五条 会社(外国会社を含む。次条第一項、第八条及び第九条において同じ。)がその事業としてする行為及びその事業のためにする行為は、商行為とする。

解説

趣旨

会社の行為の商行為性について規定しています。

個人商人の商行為

個人商人の商行為については、商法に次のとおり規定があります。

  • 商法第501条(絶対的商行為)
  • 商法第502条(営業的商行為)
  • 商法第503条(附属的商行為)

会社法に戻る

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク